<< ニンテンドー3DSソフトのどうぶつの森ハッピーホームデザイナー | main | 【ハッピーホームデザイナー】住民の家を作りまくる【3DS】 >>

ハッピーホームデザイナーで住民の依頼をこなす

んー、先日発売されたどうぶつの森 ハッピーホームデザイナーは、基本的に住民の依頼を攻略してセーブして、また依頼を受けるワンパターンな繰り返しが多いな。
まあ、そのほうが取っつきやすいゲームになるだろうと任天堂がふんだのだと思われるわけだが、季節イベント的なものはないのかしらと思うばかりである。
リセットマラソンをする必要がなく、ただ黙々と家作りに励む内容なので、そこが面白く感じ取れるかどうかでしょうかね。

しばらく攻略していると家作りだけでなく施設を作れるようになるので、本格的になるかと思われたが、まあ少しだけ土地が広くなったような感じだったし、やれることの幅というのはそう広くはないゲームなのだと実感したところもあるわ。
にしてもこのハッピーホームデザイナーには何体の動物が登場するんだ?と謎な疑問を感じところもがあるが、基本的なアイテム関連は旧作と同じやつを再利用しているところもあるので、おい森を長くプレイしてきた方々にとってはどう写っているのだろうと思うことがあるわ。

 
ストーリー攻略自体はそれほど長くもなく、結構アッサリとエンディングまで到達できる道のりだったので、それはそれで良かったと思うところもあるが、その後は何も変わりなく家作りだけをしていくゲームなので、何がしらの変化がほしいものよのうと思うところもあるか。序盤から中盤までは流れに沿ったようなチュートリアル風にゲームは進行していくけども、それ以降はどうかと問われるとそんな感じでもないので、なんか長くプレイする人はどんくらいいるのかが少し気になったわ。
でも物作りが好きな人にとっては長いことダラダラとプレイしてそうなゲームという気がするか。

どうぶつの森アミーボフェスティバルとかでは、どのぐらい今作のと連動しているのか気になるところではありますが、そもそもアミーボカード自体はほとんど店に売っていないという自体なので、そこんところをまずどうにかしてほしいところがあるな。
それでも前種類集める気まではしないけれども自分が欲しいカードは欲しいので、単品売りとかしてくれるとありがたい訳だが、それならはじめからやってたと思うし、任天堂の経済状況が傾いてきているんだろうかと思うばかりだ。

スポンサーサイト