<< テイルズ オブ ゼスティリアのクリア | main | FF15開発におけるゲーム内容と体験版 >>

ZEROの時代?バブル時期の龍が如く0

んー、最近はPS4のゲームがあまり発売しないな。
輸入ゲームのトロピコ5は1万本すら初回で超えていなかったのにビックリだ。
なんだかフラゲどころか、最近はゲームそのものが売れない時代になりましたね。
WiiUに至っては相変わらず任天堂のゲームばかりが目立つな。
それはそうと無料で何でもできるスマホに勢いがある時代か〜

この前までプレイしていた龍が如く0は、なかなかおもしろかった。
PVのZEROの力とは何ぞや?と思うところもあるが、
ストーリーに至っては桐生一馬と真島吾朗の若き頃の物語なので、
原点作なので龍が如く0と銘を打った感じでございます。

若いころは色々と無茶ぶりがあったんだなとしみじみ思ったが、
両主人公に至ってはどちらも若い頃から強かったんだなー
桐生は学生からヤクザになった感じであったが、そもそも何故あんなに若い頃から
強かったのかは謎だが、錦山もそこそこ強い方なんだろうか?
桐生は元ボクサーの久瀬を何度も返り討ちにするくらいなので、
ボクサーよりも強かったことになる…

一方、真島は片方の目しか残っていないのに、やはりバトルスタイルにおいても
何やら才能があるような動きをするし、強さの秘訣は何なんだろうな。
ただのゴロツキのヤクザという感じでもないし、
オリンピックでも負かせてしまえそうな動体視力と身のこなしだが、
バブル時代のヤクザって超人的だったんだなw

シノギに至っては億単位を軽く稼げてしまうので、
龍が如く1の消えた100億円ってのは大した金額ではなかったことに気付いたw
カラの一坪は最終的に世良に渡ったのがミソですね!
世良は昔は紳士な人柄さが見えてどことなくカッコ良かったけど、
龍が如く1では錦山にアッサリ銃殺されてしまったのが残念なところだ。

堂島組3幹部はまだ生き残っている者もいるので、どこかで復活したりするのかな。
もっとも立華は無理でも尾田とか西谷は実は生きてたみたいな感じの流れで、
また龍が如くシリーズに登場したら最高かね。
龍が如く0 攻略

スポンサーサイト


ゲームタイトル
最近の記事
links
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links