<< 【評価】オクトパストラベラーの初週売上が11万本 | main | レッドデッドリデンプション2の舞台 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


レッド・デッド・リデンプション2

久々にロックスターゲームスが新作を発売したとったところか。今作のレッド・デッド・リデンプション2は1899年代のアメリカ。広大な土地を舞台にし、開拓時代が終わった頃なので、まだまだ田舎を感じる風景が多い。移民が押し寄せて開拓地は反映して町になったことで、先住民となるインディアンたちの居場所もなくなったが、無法者たちの居場所もなくなっていった。

 

もちろんアーサーたちがいるダッチギャングもまた一掃されることで、逃亡を余儀なくされてキャンプ生活になるのは必然的と言えようか。馬を乗りこなして広大なフロンティアを旅していた当時のガンマンってのは、よくそんな生活で生活できたもんだと関心するとこもある。

 

レッド・デッド・リデンプション2 攻略

ロックスター・ゲームスから発売のPS4、Xbox One用ソフト、Red Dead Redemption2(レッドデッドリデンプション2)の攻略サイトです。

 

トレーラー動画なんかをみるとバッファローの群れとかが走っていて、まだ狩られる前の時代背景だろうか。汽車が走っているので車はまだ時代的に早いけど、近代化の波は確実に来ている時代だもんな。

 

レッド・デッド・リデンプション2ではアーサー・モーガンが主人公となった訳だが、前作に彼が登場しなかったのは何かあったのだろうか?結局ダッチギャングは、ジョン・マーストンやら法の者により狩られた印象だが、実際のガンマンにしてもあんな感じでこの世を終えた感じなんだろう。
 

RDR2は前作から10年前の物語なので、今作にもジョン・マーストンが登場する。おそらくはアーサーとは面識があるんだと思うが、他の荒くれ者のメンバーたちはどうなったのかはよく分からないんだよね。

 

ビルとかハビエルとか一部の無法者たちが生き残っていたが、なんつーか、ダッチギャングは解散でもしたんだろうか?といった感じもするし、そもそも仲間割れするきっかけが何だったんだろうと思うばかりだ。


オープンワールドのゲームといえば、すごく広い土地を移動する感じだったが、RDR2ではファストトラベルはどんな感じで行われるのだろうか。前回は一人キャンプから飛べたけど、まだまだ分からない部分が多いですね。

 

ガンファイトにしても交渉できるようになったのはリアルになったとして、そこから名誉レベルを上げてどうするのかといった感じだし、無法者でありながら正義プレイも可能といった仕様だといえる。

 

あとは森林で動物を狩ってお金稼ぎと肉の調達をするのが日課になりそうな予感もする。一応はアウトローらしくミッションで強盗とかするんだと思うが、Z指定のゲームなので日本版はまたGTA5のように省略されてたら泣けるよね。
 


スポンサーサイト