<< 龍が如く極2のスポーツで汗を流す(笑) | main | FF15オンライン戦友の内容や感想など >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


PS4のGTA5で遊ぶ

昔PS3とかXbox360で発売されたgta5はずいぶ遊んだものだなと思ったが、今ではすっかりPC版やPS4版などでも発売され、いまだに売れ続けているような状況ですね。世界規模で確か9000万本ちかく出荷したときくので、いまだにgta5は根強い人気があるゲームといえます。とはいえgta6の情報に関しては未だないので、まだまだ発売されるまで時間がかかるのでしょうね。

 

gta5では主人公がマイケル、トレバー、フランクリンの三主人公になっているので、彼らを切り替えながらミッションを攻略していく過程になる。一人の主人公だけをプレイしていくのではなく、各ミッションではこのミッションはこの主人公だけがプレイできるなど、ある程度は決まっています。といってもどの主人公でもプレイを開始できるストーリーミッションもあるので、それに関しては違った角度から物語を楽しむことができるので、一周だけクリアして終わるのではなく、周回プレイをして楽しむのも一興かと思います。

 

ストーリーミッションの他には、不審者と変質者ミッションなどもある。こちらはいわゆるサブミッション的な内容です。久しぶりにプレイしてみたが、ハオのレースとかは慣れないとプレイが難しいですね。昔はよくこんなのを攻略したもんだと小一時間…。バリーなんかも懐かしいなとは思ったが、相変わらず最後のミッションの後味が不自然だなw

 

 

妄想ミッションはやはりこれはトレバーだから笑える内容といったところだ。トレバーは自分に盾突く相手には容赦がないといった性格なので、少しばかり侮辱されただけでも「殺す!」といった状況になるのだろう。ナイジェルとソーンヒル夫人は、なぜあの老人たちはイカれた性格になってしまったのか謎だが、ある意味トレバーよりもイカれているといえる。金歯が欲しいだの、アイドルを誘拐してしまうだの何かがズレていた感じがするなw

 

イプシロンはマイケルが胡散臭い宗教へと入居する内容。まあ宗教なんて誰が入るかよと思ってしまうわけだが、信者というものはやはり最初はあんな感じで緩めに接っされて徐々にのめり込んでしまうのかもしれませんね。そして何かを達成すればご褒美やら信教心が得られたと感じ、イプシロンへはまっていくマイケルをうまく描いていたようにも思えます。

 

オメガの宇宙船のパーツ集めは大変だったという記憶が未だにある。最後はヘンテコな車を受け取り、いろんなところを走り回っていたが、あの車は結局なんだったのか未だに謎だ…。アビゲイルのミッションにしても収集要素タイプなので、なにかと時間がかかるミッション。最後はサインと少額の金をマイケルに手渡すだけだったので、マイケルがぶち切れてぶっ殺す流れで、まあ当然といえば当然の結末である。とはいえあれを表現したいがために、あの潜水艦での収集要素を長い時間やらされたのか・・・

 

全体的にgta5は遊ぶ要素が多く、やる気があるならオンラインも遊ぶこともできるのでかなり気長に遊べる内容だ。トロフィーコンプリートのために趣味と娯楽も攻略する必要があるので、ガッツリと遊ぶ流れですね。それでゲーム達成度100%を目指す流れになります。あとはイースターエッグとかいろいろ楽しむ感じだ。


スポンサーサイト