<< PS4のGTA5で遊ぶ | main | 北斗の拳と龍が如くが合わさった北斗が如くについて >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


FF15オンライン戦友の内容や感想など

 

唯一オンラインマルチプレイに対応しているFF15オンライン拡張パック戦友といえば、最大で4人でクエストをプレイできるが、基本はソロでも遊ぶことができるゲームでございます。セーブという概念がなく、すべてはオートセーブだけで対応しているためは、そこはやや残念だなと思うところも多々ある。セーブデータなどが壊れたらどうするの?という危機感もやっぱりありますね。

 

とりあえずFF15戦友をインストールしたら、あとはひたすらクエストを攻略で電流を稼ぎ、あとはずっと電流をフィールドに広めていくような遊びでした。DLCなので簡単にクリアできるかと思えば、だいぶ時間はかかる内容だったかと思います。一応はラスボスなども存在しており、動画のような剣神バハムートがラスボスという形です。

 

また剣神バハムートを倒せば、さらに強いバハムートと戦えるので、そこらはやり込み要素といった具合でしょうか。まあ慣れるまでは大変ですがコツを掴めばそれまでかなといった感じがします。

ストーリーはそれまで長くはなく、メインクエストは『光の戦士達』『闇が迫りくる世界』『剣神の試練』と3つ程度のクエストを進行させるだけなので割とあっさりしました。

 

 

単独行動の盲目なっているイグニスは、「本当に目が見えないのか?」と疑ってしまうほどの強さ。魔法をポイッと投げたり、受身形の技をしてみたりと何かと強く設定されていたことに疑問を感じた訳だが、すばやく受け身攻撃から離れれば対応できると知ったのはだいぶやり込んでからの話だったような気がします。でも座頭市のような感じになったイグニスのバトルスタイルも納得してしまう感じもありますね。

 

エピソード・イグニスではあんな感じの戦い方ではなかったものの、盲目になった方がイグニスは強いんじゃ・・・と思えるバトル展開だった。まぁボスキャラは強くしないことには意味がないし、オンライン要素も兼ねてあるので協力プレイがあっても良かったと思うこともあるが、ストーリー系に関しては自分でプレイする必要があるので、マルチプレイによる恩恵は強力プレイモードくらいか。とはいえ稼ぎプレイも退屈になってくるので一緒に共闘することも重要だったりするのかなと。

 

 

といっても電力やらギルなどは普通にプレイしたり武器集めと強化などを行っていれば、自然と集まってくるところもありました。そもそも、それしか戦友ではやることがないんじゃ?という気もするが、最終的には武器づくりをして楽しむ内容だったな。他には王の加護などもありましたが、アップデートにより新たな王の加護を配信していくスタイルのようで、全部は使用できなかったけれども、十分に足りるといった内容だったので苦労した印象もないかな。

 

避難民にしても普通に電気を広げていけば、いずれは見つかる感じだったので、それは早い段階で見つけるかどうかの内容でした。あとはアバターをこねくり回して、自分のお気に入りの形を見つけてみたり、ネタとして作り込みを行う程度かな。モニカの料理に関しては自分で選択することもできないので、あまり意味はないように感じてしまう部分があった。あとは発掘タイムアタックなどもあったが、基本的にはランダムなのでこちらもあまりゲーム性という部分においては薄っぺらいかなと。ある程度掘れる場所やら物が決まっていれば良かったかと思う。

 

 


スポンサーサイト