<< 北斗の拳と龍が如くが合わさった北斗が如くについて | main | 北斗が如くのキャラクター考察 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


龍が如く極2のプレイスポットで遊びまくる動画

 

龍が如く極2のプレイスポットのミニゲームはいくつか用意されているが、今作は割と簡単にクリアできたような印象があった。そもそもカジノや賭場関連などはイカサマアイテムを使ってしまえば簡単に攻略できることもあって、そこまで苦労することはなかったけれども、プレイスポットのミニゲームにおいてはだいぶやり込む必要はどうしても出てきますね。

 

その中の一つがクラブセガでプレイできるUFOキャッチャーです。まぁ「UFOキャッチャーなんざゲームセンターで遊んだことあるつーの」という方もあるとは思いますが、龍が如く極2のUFOキャッチャーにおいても今作はどうもアームの力が弱くなり、ぬいぐるみを取りづらくなった部分もありますね。とはいえ転がして取る方法もまだ存在するので、獲り方は二種類ぐらいはあるかと思います。操作方法はシンプルでボタンを2回押すだけなので、まぁ楽ちん操作といったところだ。

 

今回も文鳥のブンちゃんシリーズとか、ワン公とかあったけど、あれって実在するぬいぐるみなんだろうか?龍が如くシリーズではもう何回も登場したけど、いつも同じパターンなのは何故なんだw

そういや龍が如くof the endではデリシャスバー?だっけか、うまい棒の詰め合わせセットみたいなのもあったけど、最近の龍が如くでは見かけなくなったな。あれは不評だったのかしら♪なんにしてもぬいぐるみじゃないからという理由もありそうですね。

 

 

それから、いつもの将棋をプレイして遊ぶ。今回も試練突破が10問用意されていて、次々とクリアしていく内容です。ひたすら対戦で王手を狙う内容だけど、今回は丁度良いくらいの難易度だったかと思う。そもそもイカサマアイテムを使用しないと勝てない難易度だと、それはそれでミニゲームとしては楽しめないようになってしまうし、無くてもある程度の将棋のルールが解ってさえすればクリアできる難易度がやはり丁度いいといった具合ですね。将棋ツールを使うまでもないというか。まあそんな感じでした。

 

将棋のコンプリートに関しては、確か待ったを使わずに1回だけ攻略してしまえば達成目録はクリアされたかと思います。なので全ての試練突破をクリアする必要もなく、一つだけクリアしてしまえばそれまでといった感じでした。

 

 

龍が如く極2で新しく導入されたクラブセガのトイレで遊べるトイレッツというミニゲームは、プレイする前はひたすらドリンクを飲んで桐生一馬が尿を溜めて、そしてある程度の尿がたまったらトイレで用を済ませながらゲームを遊ぶというもの。これは作りもののゲームかな?と思っていたが、実際にセガのゲームとして存在しているものであり、それを龍が如く極2で遊べるようにしたようです。なので実物もプレイスポットで遊ぶような感じでプレイできるらしい。

 

トイレッツはそこまで難しいゲームでなく、種類は『北風と太陽とアタシ』『ぶっかけバトル!鼻から牛乳』の2種類が用意されていた。まぁ北風の方は余裕でしたが、ぶっかけバトルはやや難しいですね。最初はルールがわからずに戸惑ったところもございましたが、慣れれば簡単にクリアできるものかと思います。とはいえ鼻から牛乳は先に溜めるまでがやや難しいといった印象。そこにたどり着くまでに先に牛乳を噴射されて負けてしまうケースが実に多いですね。

 

トイレッツの報酬は大したことがないので、コンプリート目的で遊んだりするのがほとんどかと思います。小さい画面を見ながらゲームをプレイしていくという発想もなにかしら新しさを感じるところがある内容かな。

 


スポンサーサイト