<< FF15エピソードイグニスのEXTRA BATTLE | main | PS4のGTA5で遊ぶ >>

龍が如く極2のスポーツで汗を流す(笑)

 

龍が如く極2といえば毎度ながらプレイスポットというものが存在するが、その中でいろいろと難しいミニゲームや簡単なものと豊富に揃っていることが特徴だ。龍が如く極2でやや難しいというか大変だったのがゴルフの上級コースといえる。まぁ「一度慣れてしまえばそれまでだよ」といった印象もありますが、初めの慣れるまでの感覚や風の動きを体感で理解できるまでが若干大変なところもありますね。とはいえ楽しくレッツ!スポーツ!です。

 

横堀ゴルフセンターはそもそもいつからあったかな?龍が如く3だったっけ?クロヒョウシリーズの頃からあったのは確かなので、蒼天堀に訪れるゲームには収録されていたかとは思ったけど、ゴルフはたまに収録される内容だった記憶もございます。なんにしてもゴルフはニアピンチャレンジとビンゴチャレンジとで分かれているので、両方を攻略することになる。

 

ビンゴチャレンジのほうは1ステージだけしかないので、自力でクリアできる方は多いと思うが、ニアピンチャレンジにおいてはだいぶ時間がかかるかもしれません。主にサブストーリーで300ポイント以上達成することになるので、そこらでちょいちょい汗を流すことになりましょうぞ。

 

 

またゴルフ以外にも、ダーツライブやクラブセガにてダーツ対決などもあったなぁ。こちらは龍が如く6の仕様になっていたので、だいぶ慣れてしまったというか、昔の龍が如く仕様のダーツと比較すると遊びやすくなったところに満足しているところもあります。那須野姉妹が配置されているのでダーツ対決をすることになる。

 

一番最後のやつが取り分け強かったが、他はある程度マトの中央にヒットさせてしまえば簡単にクリアできる難易度だったので、ある程度ダーツの矢を入手していけば簡単にクリアできるようになるかと思います。そもそも達人の矢まで入手するのにそこまで時間はかからないので快適にプレイできたという印象もあるかな。かといって面倒くさいと最悪だし、やはりこれくらいの難易度が丁度いいと言えるかもしれませんね。

 

その他にはバッティングセンターなどもあるが、こちらは野球の打ちっぱなしのミニゲームです。こちらも同様に龍が如く6からあったものでしたが、タッチパッドを使用してスイングができるので、だいぶ遊びやすく改良された印象がありますね。とはいえボールが飛んでくる位置が完全にランダムなところもあるので慣れるまでがやや大変といったところもある。安心バットを入手してしまえばだいぶホームランは打ちやすくなるので楽になること間違いなし!


スポンサーサイト