<< 龍が如く極2のトロフィー獲得を考える | main | 龍が如く極2のスポーツで汗を流す(笑) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


FF15エピソードイグニスのEXTRA BATTLE

 

去年にスクエニのDLCで配信されたFF15エピソードイグニスといえば、いろいろとモードがありましたが、やはり難しいというか、やり込み要素の一角に数えられるEXTRA BATTLEのノクティス戦などはかなり難しいですね。まぁ慣れた人からしてみれば歯応えのあるバトル内容といえますが、少しばかりコツも必要になってくるゲーム内容といえます。

 

ランクSで攻略すればトロフィーを入手できるとはいえ、ノクティス王子が強いこと強いこと。あらゆる武器を使いながらも俊敏に動き回り、さらにはファントムソードで攻撃してきたり、指輪の魔法まで使いだす始末。なんだかんだでノクティスは強かったんだなと思うばかりですが、いろいろと対策を兼ねて遊べば撃破できるバトル内容だったかと思います。

 

とはいってもノクトが武器召喚をしたくらいは、どの武器を使用したとか分かりやすくなっていれば良かったですね。オブジェクトや障害物は貫通しながら飛び道具を撃って来るので、物陰に隠れながらやり過ごすことの意味のなさは何故こうなってしまったんだろうと思うばかりです。リアル重視よりもゲームのアクション部分をとったか、そういった処理ができなかったのかなと思うところもあり、まだまだFF15とはいえ、技術的なことはまだまだだったりするんだろうか。

 

ノクティスが盾を装備すると、なぜどの方角からでもガードが可能なんだw 一応は背後から攻撃したり、ノクティスが攻撃中に横や背後から攻撃を仕掛けたとしても、やはりカキーン!と盾でガードされたりしますね。とはいえノクティスのMPぐらいは消耗させてはいるんだと思いますが、ここらあたりの仕様はもう少し甘めというか、リアルに沿ったものが良かったという感じもありますね。

 

マシンナリィはずいぶん豊富に種類があるなあといった印象。どれも隙が大きい武器とはいっても、攻撃力は高めで技が発動してしまうと割と強いのがマシンナリィの特徴と言えるかもしれません。ですが出始めを叩いてしまえば簡単に対策できるところから気長にやれば何とかなるといったところでしょうか。

 

手裏剣をシュッ!シュッ!と投げてくることもあれば、エレメント魔法を投げてくることもあり、リアルさながらのバトル展開でしたが、ノクティスが全体的に硬いというか最大HPが多いので倒すのに時間がかかる感じでした。


スポンサーサイト