<< 龍が如く極2 | main | 龍が如く極2のトロフィー獲得を考える >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


龍が如く極2のdlc

龍が如く極2のdlc

龍が如く極2をプレイすること数週間が経過するが、今回も無料配信で配られるDLCは第三弾まで配信された。今回はお楽しみデータということでアジトに小包が届く内容だったが、全体的に武器やコスチューム、そしてクラウンクリエイターのクランカードなどだった。毎度こんな感じではあるが、龍が如く極2では有料配信のdlcなども販売されている。

 

有料配信dlcは全部含めると5000円くらいになるのかな?ちと高すぎますね…。もともと全部購入するほどの内容でもないかもしれないが、コンプリート癖のある方にとっては痛い出費となることであろう。もっとも限定版についてたdlcの小野ミツヨとかお笑いキャラとしてのキャスト風だったが、とくにゲームでは何かしら変わったことが発生することもなく地味だったが、ダウンロードコンテンツとはいつの時代もそう大したものじゃないことが多いのは何故なんだろう。

 

亜門丈なんかはdlc限定なのかな?と思っていたが、SR用として別に存在しているし、それならdlcの意味とは?という風になってくる。そうなると龍が如く極2の限定版のdlcは今一歩といった感じだったが、まあ店舗特典が豊富に枝分かれしている点の方がアレだったりしますね。

 

 

武器のdlcに関しては特殊効果の付いた武器ばかりか。こちらはそうでもないと受け取ったありがたみが少ないので、そんな設定にしているのだろう。コスチュームにおいてはゲームクリア後のプレミアムアドベンチャーでしか装備できないので、本編でできない理由はやっぱムービーシーンの影響もあるためなんだろうな。

 

システムデータについては遥のビー玉と無難な内容が付いてた。

全体的にdlcを考えるとクランカードばっかりの印象があるけど、新・クランクリエイターの難易度を少し高めにした理由もわかり知れる内容だな。でも基本的には龍が如く6の使いまわしのdlcだし、それでセガが収益を上げる目的ってのは少し残念だ。せめて龍が如く6で購入してたら、龍が如く極2でも使えるようにしてくれてたら良かったのにね。


スポンサーサイト