<< ホライゾンゼロドーンのサイドクエスト攻略 | main | ドラクエ11が300万本売れたの? >>

ニンテンドースイッチのARMS(アームズ)をプレイした感想

ニンテンドースイッチ ARMS(アームズ)攻略

先週の二日間はニンテンドースイッチを起動して、アームズを遊んでいた。

アームズは任天堂のゲームの方です。アニメのほうじゃないですよ。

アームズは任天堂の新規IPでボクシング系の格闘ゲームです。

とはいってもバレーボールやバスケットなどスポーツ的なものもございます。

 

パンチ、投げ、ガードを基本にして争う腕が伸びるボクシングなので、

そこまでルールは複雑でもなく割りとすんなり遊べてしまうところが良い感じだ。

まあ任天堂のカジュアル層に向けた格闘ゲームといった感じだろうか。

 

んで、キャラクターとなるファイターは全部で10人ほどいるようで、

武器となるアームは30種類とか言っていた。

まあ無料アップデートでその数は増えるようですが、

最終的にどのくらいの数になるのだろう?

 

現在発表されている10名のファイター名は以下の通りです。

  1. スプリングマン
  2. リボンガール
  3. ニンジャラ
  4. マスターマミー
  5. ミェンミェン
  6. メカニッカ
  7. DNAマン
  8. キッドコブラ
  9. バイト&バーク
  10. ツインテーラ

まあ、どれも個性の強い10名であるが、体験版で使用できたのは7名だった。

キッドコブラ、バイト&バーク、ツインテーラは、アームズダイレクトで発表されたばかりなので、

どちらかといえば新しく発表したやつなので、製品版にいれるつもりでいるのかな。

 

アームの属性効果も良い感じであるが、氷がちと強かったし、まだまだ調整の余地はあると思うが、

それより製品版の調節がどんな感じになるのか気になるところでございます。

とりあえず来週の『ARMS先行オンライン体験会 のびーるウデだめし』にまた参戦して、

新しい種目のマトアテとバスケットを攻略することになりそうだ。


スポンサーサイト