<< ff15のプラチナデモ攻略、キングスグレイブの映画情報など | main | FF15のピンボールゲーム「ジャスモン」 >>

もう一つのFF15であるキングスグレイブ - ゲーム攻略マン

7月9日より劇場上映されたキングスグレイブの客足とは一体どんなもんだろうか。もともとはディスク版と配信による販売ビジョンがあったため、映画館での上映というのは後から考慮されたものなんだとか。すっかりネタバレ気味にあちらこちらでキングスグレイブの感想がレビューされているが、まあ自分の目で確かめるのが一番ですね。もっともファイナルファンタジーを過去にプレイしてた方や、これから新しくFF15を遊んでみようと思っている方々には良い機会かと思われます。

キングスグレイブ FF15 - ゲーム攻略マン

 

映画キングスグレイブでは、ノクトが花嫁のルーナに会いに行く前の物語を描いているため、レギス視点による映画であるというのが一番重要な視点となっている。とはいえ主人公はニックスというレギスの精鋭部隊の一人にあたり、ここら辺りが一見変わった作りだなと思うところだ。

 

ニックスは王の剣という部隊におり、まあいわゆる自衛隊のような軍活動を行っている部署といったところか。貧しそうな村から徴兵された彼らなので、必ずしもルシス王国に忠誠を誓っているわけでもなく、彼らなりの思いを胸に王の剣へ参加しているようなところがある。とはいえレギスには力を受けているようで、王の剣のメンバーは魔法なども使えるところがポイントですね。

 

ベヒーモスが走っているところに横からシフトブレイクを決めてみたりと、ノクティス王子のようなシフトもデフォで使える部隊なので、ある意味ノクティスよりニックスの方が強いのではないのかとすら思える身のこなしでした。最後はニックスはどうなったんでしょうね。生きていたとしたらゲームに登場する機会は有りえるのでしょうか?

 

またファイナルファンタジーシリーズに登場した見たことあるモンスターなども登場するので、ああいったモンスターたちもFF15本編に登場するのかもしれない。いずれも舞台や世界観は一緒なので、可能性は十分有りえることです。

劇場ではモルボル君グッズや、クリアファイルがもらえるポップコーンなどが販売されており、なかなかの好評ぷりのようです。

 

キングスグレイブの配信日はまだ決定したわけではないですが、ディスク版はゲームソフトが発売と同時に販売されるものなので、やはり劇場へは行かずに、そちらのほうでキングスグレイブを見ようとする方も実に多そうですね。魔法の迫力や群れでの戦闘、グラウカ将軍のやたら強いパワードスーツのようなものなど、剣と魔法のファンタジーを感じつつも、フル3DCGの圧倒的なグラフィックに驚いた感じの映画内容でした。

 

やはりFFといえば相場はそんなとこでしょうか。坂口博信さんが制作したFFの映画はどことなくファイナルファンタジーらしさを感じない作品で、莫大にコストがかかったこともあり、あの映画は失敗してしまった作品ですが、キングスグレイブはそれほどのコストはかけていないそうなので、3DCGもだいぶ進化したといえますね。

 

監督は一応ディレクターの野末武志さんによる制作です。FF7ACなどでも制作していたが、今ではキングスグレイブの制作も終わったので、FF15のゲームの方のムービーも担当しているのだとか。数カ月後にはFF15をプレイしている頃なので、出来上がりがどんなものか大変楽しみですね。ゲーム制作では今が佳境を迎えている時期でしょうか。それと映画では脚本家の長谷川さんも交えて舞台挨拶なども行ってました。

キングスグレイブの野末氏、長谷川氏の舞台挨拶の内容 - ゲーム攻略マン


スポンサーサイト