<< フルリメイクされた龍が如く極とは? | main | 龍が如く極 第四章 出会い >>

2016年は良作なゲームが多そうか

年明けて2016年に入ったものの、なんかめでたい正月という雰囲気はあんまりしないかな。
去年まではガッツリとスターウォーズ バトルフロントを遊びまくったが、基本はシューティングものなので、どの惑星でもやることは一緒なのがどうなんだろうと思うところである。でもスターウォーズファン仕様に作ってあるようなゲームなので、エピソード7を映画館で見て満喫した方は、SWBFでスターウォーズの世界観を疑似体験して楽しむ分にはいいかもね。
DLCではマスター・ヨーダとか出るのとか思ったけど、それ最初から入れておけといった感じだもんな。

2016年に入ってさて何をやろうかと考えてみたが、とりあえずは龍が如く極だな。龍0から1年そこらで新作で出来上がってしまうのでとにかく制作スピードは早いこと早いこと。頭の中の記憶から消える前に新作が出るペースってのは大きいことですね。
今作の龍が如く極は基本は龍1ストーリーに龍0システムを取り込んだものであるが、錦山彰のエピソードだったり、大幅改変されたものなども多数用意されているそうだから、今回も長くプレイできそうな予感がします。

なんだか最近はPS4ばかり起動している時間が長いような気がするが、任天堂NXがどんな媒体になるのか気がかりなところがある。
一応スマホゲーみたいなことは言ってたと思うけど、据え置き機のように言っているように聞こえるし、我々が初めに想像していたのとは少し違うんじゃないのか?と思えるところもあるな。

3DSのような飛び抜けて売れるハードになるのかは、実物を見てからでないとなんとも言えないところですが、時代はスマホゲーに傾いている日本のゲーム業界なので、スマホゲーを楽しんでいるユーザーが改めてお金を出してNXを購入するかどうかが興味深いところではありますね。基本無料で課金制のゲームだったら嫌だな・・・。それならただスマホゲーを今まで通り無課金で遊んでいればいいじゃないかという流れになりそうで、任天堂の謎のNXは果たしてどんな仕様なのか気がかりだわ。

スポンサーサイト


ゲームタイトル
最近の記事
links
others
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links