<< PS4の新作「Star Wars バトルフロント」の情報 | main | 2016年は良作なゲームが多そうか >>

フルリメイクされた龍が如く極とは?

2016年をそろそろ向えそうな勢いですが、2015年度を振り返るとまあこんなもんかな年だったろうか。
来年は大作ソフトが割と多く発売されるので、日本でもゲームコンシューマーもこれで活気づくだろうか?と思うところがあるが、PS4の普及率はどこまで伸びるのか疑問に思うところもありそうか。
やはり日本ではスマホゲーが主流になっている現状に歯止めが効くようなゲームソフトがある分けでもないので、基本的に古参ブランドゲームばかり売れ続けている現状ですね…。

2016年1月には龍が如くの最新作・龍が如く極が発売するので、まったり部屋で暖まりながらPS4をフル起動しそうな予感である。
今作の龍が如く極の主人公は同じく桐生一馬で、基本的には龍が如く1をアレンジした作品なのだとか。
とはいいつつも、追加エピソードやら新要素を盛り込んだ内容になっているのでフルリメイク作品とされているようです。
となるといつもの龍が如くという印象もあるが、グラフィックはやはり綺麗になっているし、キャラクターのボイスもほとんどが取り直しているという気合の入れよう!

さらに2016年秋ごろには龍が如く6が発売すると発表しているので、なんだかセガの龍が如くチームも慌ただしい動きですね。
わずか1年弱で新作シリーズが発売されるので、とにかく制作スピードが凄すぎるところがあるわな。
そこに外伝作品も発売しているので、キャストが使い回しがきく部分がスピードのコツかもしれませんね。
 
現在では全国で龍が如く極の体験会が開催されており、今作がどんな感じなのかプレイすることができるようだ。
これは以前から行われているもので、そこに名越氏や横山氏のサイン会なども加えられてます。
体験プレイ+サイン会の流れで、サイン会のほうは来る地域とそうでない地域とで分かれている。
体験会では神室町の散歩できて、昆虫女王メスキングがどんな内容なのかプレイできるのだとか。

あと新要素のどこでも真島を遊べるそうなので、今作の新要素というのはそんな感じでしょうか?
いずれにしても龍が如く極までの発売が一ヶ月を切っているので、時が過ぎるのは早いものです。
新たな錦山彰のエピソードとは一体どんなものか?澤村ファミリーはどんな描かれ方になったのか?
など龍が如くの初作を改めてプレイすることは龍が如く6と何か関係が繋がっているのか気になるところだ。

龍が如く極の楽曲提供はビーズの稲葉氏によるものなので、フルリメイク作品とはいっても
なんだかんだで豪華な造りになってそうだな。
つーか、新たなミニゲームはどのぐらい追加されてんだろ・・・

スポンサーサイト